物質はブラックホールに落下するのであり吸い込まれるのではない

 物体はブラックホールに落下します。

 落下速度は時間に比例「V=gt」し、落下距離は時間の2乗に比例「落下距離=(gt^2)/2」します。つまり「落下」は、この定義を内包しています。

 一方、「吸い込む」は、@口で水を吸い込む、A掃除機がゴミを吸い込む、B底なし沼が人を吸い込む等、様々な吸い込み方があります。
 必ずしも、吸い込まれる速度が時間に比例したり、吸い込まれる距離が時間の2乗に比例すると定義されている訳ではありません。

 科学の場では、正確な用語を使用する必要があります。ですから、科学カテでは「物質はブラックホールに落下する」が正解です。

 これは、「自由落下の法則」を述べたものです。それは、地球の表面の近くでものが落下する現象を表現したものです。つまり、重力が同じ強さと設定しても良いごく限られた範囲内の空間での表現です。
 「局所慣性系」と言う概念も、重力の強さを等しいと設定しても良い限られた範囲内の空間を指します。

 大局的に見ると@「落下と共に重力が増し」ます。ですから、「自由落下の法則」は、落下現象の限られた瞬間の表現です。

 「落下の法則」⊃「自由落下の法則{V=gt、(gt^2)/2}」です。つまり、「落下の法則」は「自由落下の法則V=gt、(gt^2)/2」を内包しています。
 ですから、分かり易い様に『「落下」は「V=gt、(gt^2)/2」を内包しています』との表現に留めました。
 「内包」はそう言う意味です。「V=gt、(gt^2)/2」は落下現象全てを表現する数式でないからです。

 結論、「落下」は明確に数式で定義されますが、「吸い込む」は数式で定義されていないので、科学では数式で定義された「落下」を使うべきだです。